タマゴサミンを習慣的に飲むために必要な2つのイメージトレーニング

こんにちは、ももかです(*^^*)

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

いま日本では、インフルエンザが大流行していますね(^_^;)

あたしの友達3人もB型のインフルエンザになって1週間くらい寝込んでいました。

B型のインフルエンザはあとから高熱が出てくるので、早い段階で病院に行って検査をしても分からないみたいですね。

インフルエンザにならないためには充分な加湿と換気をして、食べる・寝る・適度な運動を心がけることが大切です。

とくに仕事上のストレスを多く受ける人ほど免疫が下がりやすいので、栄養面や休養面だけでなくメンタル的な部分でもストレスを発散させる必要があります。

いちばん良いのはストレスを受けないような思考方法を身につけることですが、物事の捉え方はすぐに改善するわけではないので、習慣化させることがポイントになってきそうですね。

ということで今回は、タマゴサミンを習慣化させて飲む方法についてお話します。

タマゴサミンを飲んでいる理由を具体化させる

タマゴサミンを飲もうと思った理由を具体的にさせていくと、習慣的に飲むことができます。

あたしがタマゴサミンを飲もうと思った理由は、タマゴサミンのなかに含まれている有用な成分が膝の違和感や痛みを改善してくれるのではないかと思ったからです。

もちろん薬ではないので薬品のような効果は最初から期待していませんでしたが、なんとなく直感で他の軟骨系のサプリメントとは違うような気がしたんですよね。

なので、あたしの場合はタマゴサミンを飲む目的は辛い膝痛とさよならするというものでした。

実際にタマゴサミンを習慣的に飲んでいくことで、膝の曲げ伸ばしがラクになっていったのでタマゴサミンが欠かせないものになってきています。

なので、飲んでいる理由を常に思い返しているほうが心理的にも続けやすくなると思います。

タマゴサミンを飲んで辛い悩みが改善されたときの自分の未来を想像する

タマゴサミンを通して自分の悩んでいた辛い症状が改善されたときの明るい未来を想像するとワクワクしてきます。

今まであきらめていたことが出来るようになるのは本当に嬉しいものです。

例えば、趣味のマラソンやゴルフやウオーキングなどが何の問題もなくサクサクできるようになっていたらどうでしょうか?

もう二度と無理はできないと思っていた体だったのに、タマゴサミンを継続的に愛用することで無理の出来る足腰が手に入ったら、毎日が楽しくて仕方ありませんよね(*^^*)

もう出来ないと諦めていたことが、出来るようになったことを考えると、やる気がみなぎります。

生活習慣の改善を図りながらタマゴサミンを愛飲していくには、ぜひとも悩みが解決されたときの自分の姿を思い出してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする