【タマゴサミン】卵アレルギーの人は飲めないの?!

こんばんは。ももかです(*^^*)

日本列島に大寒波が押し寄せてきて凄く寒いですよね(^_^;)

もうこんなに凄い寒さじゃ外出するにも一苦労です。

家に帰ったらすぐに暖房をつけて部屋を暖めるのですが、底冷えしているときはカラダが全然温もりません。

そんなときは、やっぱりお鍋などの温かいご飯を食べるのがいちばんです。

ゆっくりと湯船につかって芯から冷え切ったカラダを温めるのも良いですね。

とくに関節の曲げ伸ばしに問題を抱えている方からしたら、この寒波は本当にキツイですよね。

あたしの職場の先輩も底冷えしていると膝が固まってズキズキと痛くなるみたいなんで、早くに春が来てほしいって言っていました。

職場の先輩にもタマゴサミンの事を話したんですが、先輩はサプリメントなんて効くわけないじゃないかといった感じで全然信用してくれませんでした。

あたしの説明の仕方が悪かったのかななんて思いましたが、やっぱりサプリメント嫌いな人は根っからサプリメントを否定しますね。苦笑

あたしはタマゴサミンで関節の曲げ伸ばしがラクになっているので、タマゴサミンのファンとして今後も継続して飲んでいきますよ~\(^o^)/

と、余談が長くなってしまいましたが、今日の本題にはいっていきたいと思います。

タマゴサミンは卵アレルギーの人は飲んだら駄目か?

今日は卵アレルギーの人はタマゴサミンを飲んでも大丈夫なのかというテーマでお話していきたいと思います。

結論から言うと、タマゴ基地の公式サイトのなかに卵アレルギーの方はタマゴサミンの摂取をお控えくださいと書いてあったので、残念ですが飲まないほうが良さそうですね(^_^;)

ただし、卵アレルギーと一口に言っても、加熱したタマゴなら問題なく食べれる人もいらっしゃいます。

実はあたしも5歳くらいまでは卵アレルギーで生卵を食べたら目がパンパンに腫らしていました。

だけど、あたしは卵が大好きだったので目を腫らしてまで卵を欲しがっていたそうで、今でも実家に帰ると親にその頃の話を聞かされます。笑

でも人によっては笑い事では済まないくらいアレルギーの症状が強く出る方がいらっしゃいます。

タマゴサミンを卵アレルギーの人が試すのはリスクがある

一番怖いのはアレルギー物質を摂ることでアナフィラキシーショックという重篤な状態になって、自分の身に命の危険が及ぶことです。

なので、卵アレルギーの症状が強く出る方は絶対にタマゴサミンを飲んではいけません。

軽度の卵アレルギーの人であっても何が起きるかは分かりませんので、どうしても試してみたいって場合は医師や栄養士に確認してからのほうが安心ですね。

食物アレルギーのなかで確かいちばんアナフィラキシーショックの強い反応がでるのが、ナッツや蕎麦だったと記憶しています。

卵の場合は呼吸困難や全身痙攣などは少ないかもしれませんが、サプリメントだから大丈夫と侮らないほうが良いかもしれませんね。

タマゴサミンの代わりになってくれるオススメの軟骨成分は存在するか?

タマゴサミンを飲めない人は、タマゴサミンの代わりとなってくれそうな軟骨成分を探してみましょう。

タマゴサミンの独自成分であるアイハを試すことはできませんが、アイハの代わりになってくれそうな吸収率の高いサプリメントは探せば見つかるかもしれません。

あたしがタマゴサミンを試そうと思っていた時に、どっちにするか悩んでいた軟骨成分があります。

それが、プロテオグリカンという鮭の鼻頭を使っている軟骨成分です。

プロテオグリカンを配合しているサプリメントは何種類かありましたが、あたしが気になったのは北国の恵みとロコモプロというサプリメントでした。

結果的には両方とも飲むことなくタマゴサミンを注文することになりましたが、予算に余裕がある方はいろんなサプリメントを検証してみるのも良いですね。

プロテオグリカンという成分が気になる方は是非調べてみてください(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする