タマゴサミンのアイハが膝痛を緩和させるメカニズムについて

タマゴサミンのなかに配合されてる卵黄ペプチドのアイハは膝痛を緩和させる画期的な成分であることが立証されています。

アイハによって辛い膝の痛みが緩和されていくことは凄いことですが、どんな仕組みで膝痛が緩和されていくのでしょうか。

アイハは関節軟骨修復効果が期待できる優秀なタンパク質

人はウイルスや細菌から身を守るために生まれ持った抵抗力(自然治癒力)を持っています。

免疫力がないと抵抗する力がないためにウイルスや細菌の力に負けて、病気や風邪がなかなか治らなくなります。

免疫をあげるためには栄養状態を整えて、十分な休息をとり、適度にカラダを動かして筋肉に刺激を与えることが重要です。

実はニワトリのタマゴから抽出されたアイハは、卵黄ペプチドというタンパク質によって構成されている成分です。

そして近年、関節の炎症や不快感の緩和にペプチドが大きな力を発揮してくれることが分かってきました。

アイハを摂取することで関節の動きをサポートしているクッション成分が生み出されやすくなっていくからです。

今までは軟骨の材料になるグルコサミンやコンドロイチンを摂取してれば関節の動きが良くなると解釈されてきました。

ですが、いくら軟骨の材料をカラダのなかに取り込んでも、摂取した軟骨成分すべてがカラダのなかで利用されるとは限りません。

とくに体内のなかのタンパク質が少なくなっている人ほど、グルコサミンなどの軟骨成分が上手く吸収されにくい傾向があります。

もともとグルコサミンやコンドロイチンは水に溶けにくく、カラダのなかに吸収されにくい性質を持っています。

つまり、いくらグルコサミンやコンドロイチンの配合量の多いサプリメントを飲んでいても、体のなかに吸収されなければ排泄物として外に排出されるというわけです。

アイハが優れていると言えるのは、グルコサミンなどの関節の曲げ伸ばしに必要なクッション成分を体内で上手く利用できるように全面的にバックアップしてくれているからです。

また、アイハに関節軟骨修復効果があるのも、体内にあるグルコサミンやコンドロイチンなどを無駄なく使えているからこそできることです。

なので、タマゴサミンのアイハは軟骨材料になるグルコサミンやヒアルロン酸に磨きをかける元気成分だと理解しておくと良いと思います。

アイハ成分が軟骨組織を丈夫にさせて関節痛を緩和させる流れ

1.アイハが関節の曲げ伸ばし成分になるグルコサミンやヒアルロン酸に元気を与える

2.アイハによって元気を授けられた曲げ伸ばし成分が軟骨組織のなかにグングン吸収されていく

3.滑らか成分が生み出されることで、関節のなかに溜まった乳酸などの疲労物質が流れて痛みが緩和されていく

4.痛みが緩和されるとズムーズに膝の曲げ伸ばしができるようになって、立ったりしゃがんだりしても痛まなくなる

5.痛みがなくなれば動く量が増えて筋肉量がアップするので、関節が安定して元気で丈夫な状態になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする