タマゴサミンの中に含まれているアレルギー成分を詳しく紹介します

タマゴサミンを試すときに唯一確認しておかなければいけない項目があります。

それがアレルギーの確認です。

食物アレルギーを持っている人は特に用心しておく必要があります。

タマゴサミンのなかに入っている成分

まずは原材料の主成分を特定しておくことが大切です。

・卵

タマゴサミンはニワトリの卵が使用されているので卵アレルギーを持っている人はタマゴサミンを飲むことはできません。

・甲殻類(かにを含む)

カニやエビなどを食べてお腹を下したり、蕁麻疹などがでる場合は甲殻アレルギーです。

タマゴサミンにはNアセチルグルコサミンの原材料となっているカニやエビを使用しているため甲殻アレルギーの人は飲んではいけません。

・鶏足抽出物&豚軟骨抽出物

そのほかの成分としては、関節の曲げ伸ばしを更に滑らかにするための鶏足抽出物であるゼラチンや豚軟骨エキスが配合されています。

・ショウガの粉末

ショウガの粉末も微量に入っていますが、タマゴサミンを口に含んだとき、ほのかにショウガの香りがするくらいです。

タマゴサミンは甲殻アレルギーや卵アレルギーがない人なら安心して飲むことができます。

タマゴサミンの効果を引き出す飲み方

タマゴサミンは薬ではなく健康補助食品です。

なので副作用などはありません。

ただしタマゴサミンの効果を引き出すためには、飲み方を工夫する必要があります。

サプリメントの有効成分を体の中で上手く利用するには飲むタイミングが大切です。

とくにグルコサミンやコンドロイチンのような軟骨成分は体の中で吸収されにくい性質があります。

タマゴサミンの場合は基本的にどのタイミングで飲んでも体の中でしっかりと吸収されるように作られています。

ただ、さらに体内吸収率を高めるための飲み方があります。

それは食後にタマゴサミンを飲むことです。

グルコサミンは空腹時に摂取すると上手く吸収されずに体の外に排出されてしまいます。

ですが、食後にグルコサミンを摂取すれば胃腸に血液が集まって上手く吸収させることが可能です。

タマゴサミンには通常のグルコサミンよりも3000分の1ほど分子の小さいNアセチルグルコサミンが贅沢に配合されています。

Nアセチルグルコサミンは酵素分解の技術を使って作られた天然成分のため、人間の体のなかにある成分と同じ大きさです。

一般的なグルコサミンだと塩素分解という人工的な方法で無理やりに分解しているので、体内吸収されにくい特徴があります。

ちなみにNアセチルグルコサミンはグルコサミンに比べて3倍以上も吸収能力があるため、空腹時に摂取しても問題ないと言われています。

ですが、やはり体内利用率を上げることで、より軟骨細胞に対して働きかけることが期待できるので、なるだけ食後に飲むのがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする